使用材料による家具の手入れ方法

長年使用してきた家具にはとても愛着があるものですが、手入れ方法に関しては、あまり気を付けないで使用をしています。非常に高価な和ダンス等の場合には購入先からメンテナンスなどのアドバイスを聞くことがありますが、通常においてはあまり気にせずに使用していることがほとんどといえます。

しかし、家具は手入れをすることにより長持ちをし、また、愛着もわいてきます。

家具の手入れの方法には、その使用されている材料によっても違いがあります。

無垢のテーブル情報を検索しましょう。

まず、木製家具の場合には乾いた布を使うことが必要で表面を軽く拭くようにします。

横浜の家具に関する情報の一覧です。

もし、汚れが付いている場合には水で濡らした後に乾いた布を使用すればよく、それによって表面の塗装も保持できます。

注意をしなければならないのは桐たんすなどの無塗装で木目があるもので、この場合には水拭きは目に汚れが入ってしまう場合があり、基本的にはから拭きで対応をします。

洗剤などを使用する場合にも注意が必要で、説明書をよく読んでおく必要があります。

金属製の家具の場合には、材質の特性もあり、基本的には絞った濡れタオルでよく、どうしても拭いた後のラインが気になる場合には乾いた布で再度拭きあげればきれいな光沢を出すことができます。そして、ラタンなどの籐製品に関しては、基本的にはから拭きで構いませんが、網目などには静電気を利用したハタキ状のほこり取りが便利で、使用することによって細かい部分のほこりも取り除くことができます。



革製品においては、通常は水拭きの後のから拭きが基本ですが、ひび割れなどに対応するためにオイルの処理を行えば長く使用することができます。


この場合、大きな汚れや傷などがある場合には専門業者に依頼をした方が問題なくリペアをすることができます。